メイプル接骨院 交通事故後の負傷の施術リハビリに自信があります

受付時間

肋間神経痛

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 背中から脇腹、胸部にピリピリとした電気が走るような痛み
  • 深く息を吸い込んだり、せき込んだ時に痛みが出る
  • 食事で飲み込んだ際痛みが出る
  • 上半身を動かしたときに痛みが出る
  • ストレスがたまっている

肋間神経痛とは?|肋間神経痛が起こる原因|福島市南福島 メイプル接骨院

肋間神経痛とは首の骨からおしりまで続く脊柱は椎骨と呼ばれ、胸の椎骨から肋骨部分に沿って出る神経症状です。心臓や肺等の内臓疾患が原因で起こる胸の痛みとは違い、痛む場所がはっきりとしています。肋骨に沿って起こる比較的鋭い痛みが走ります。特徴は、上半身の右側か左側の一測のみに起こり、特殊な場合を除いて左右で痺れや痛みを感じることはありません。主にストレスや長時間のデスクワーク作業によるものが多いです。ストレスを感じると無意識に体に力が入るようになってしまいます。すると筋肉が緊張している状態になり、姿勢に悪影響を及ぼす場合があります。デスクワーク作業も同様です。長時間同じ姿勢を続けると、肩や腰に負担がかかり筋肉が緊張します。それによって血流状態が悪くなり神経症状が出てきます。よくストレスを感じると胃が痛くなったりなどありますが、それと同じ原理で肋間神経痛を起こります体の歪みが原因の場合、背骨などが歪み。近くの神経を圧迫して症状が出る場合もあり、肋間神経痛の原因で一番多いストレスを感じすぎると改善しにくくなります。重症例では変形性脊椎症、肋骨骨折、腰椎椎間関節症(腰椎の変形)、腰椎ヘルニア(腰椎椎間板脱核による脊髄圧迫)、脊柱管狭窄症(腰椎のズレによる脊髄圧迫)が合併している場合があり、改善されにくいです。

肋間神経痛が改善しない理由とは?|福島市南福島 メイプル接骨院

また、筋肉の緊張は自律神経の乱れがある状態になります。交換神経が優位になると睡眠障害が起きたり、怒りっぽい性格になってしまいます。自律神経の乱れを改善するには、リラックスすることが重要です。また、全身の血流が悪い方も症状改善には時間がかかります。アルコール摂取や喫煙で血流状態が悪くなったり、身体の冷えにより筋肉が緊張します。

肋間神経痛の改善方法|福島市南福島 メイプル接骨院

メイプル接骨院では、足だけでなく腰や下半身の血流障害を改善するために、温熱療法 × 骨格矯正(超短波温熱療法)を行います。
温熱療法で深部加温し、インナーマッスルや腰椎関節に血流を促進して組織の活性化を促します。さらにマッサージで筋緊張をほぐし、運動療法でインナーマッスルのストレッチや骨盤矯正を行います。また、この治療器は自律神経の調整も同時に行います。「ダブルブロック」という方法を使い交感神経が優位な状態(イライラしていたり緊張している状態)から副交感神経(リラックスしている状態)にすることで全身の緊張をほぐし、さらに血流状態を良くし精神状態も安定させることができます。

福島市 南福島のメイプル接骨院 ご案内

メイプル接骨院 ご案内

メイプル接骨院

受付時間

住所:
〒960-8163 福島市方木田字辻15-4
アクセス:
福島駅より徒歩20分

お困りの方は今すぐ、お電話ください。024-529-5158