福島市で口コミNo1の接骨院|温熱療法・産後骨盤矯正・メイプル式整体はメイプル接骨院にお任せ下さい

メイプル接骨院 交通事故後の負傷の施術リハビリに自信があります

受付時間

腱鞘炎

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 親指を曲げる動作で痛みが出る
  • 子供を抱っこしたときに手首、指に痛みが出る
  • ドアノブをあける動作が辛い
  • スマートホンを使いすぎている
  • デスクワーク作業が多い

腱鞘炎とは|福島市南福島 メイプル接骨院

腱鞘炎とは、手首から親指の付け根付近の腱鞘を通る「短母指伸筋腱」が障害されることによって起こる症状です。腱鞘炎とは、腱をおおう腱鞘(トンネルの様なもの)に起こる炎症のことで、動かしたときに痛みが出るなど様々な症状があります。腱は筋肉と骨をつなぐ結合組織で、筋肉の動きを関節に伝える大切なものですが、何度も同じ動き、特に親指の使い過ぎにより、この腱鞘(トンネル)に損傷が起こり、痛みに繋がります。

腱鞘炎は、パソコンでの作業、楽器の演奏、手をよく使う仕事の人など「手指をよく使う人」によく起こります。また、「更年期以降の女性」「妊娠・出産期の女性」にも多くみられます。これには女性ホルモンの影響があると考えられています。

腱鞘炎が改善しない理由|福島市南福島 メイプル接骨院

腱鞘炎が改善しない理由の一つに、腱鞘(トンネル)が損傷しているほかに、手首周辺の筋肉が引っ張られたりすることなどで症状が悪化することもあります。今の時代ではスマートホンの使い過ぎによりも起こります。片手で操作する時は大体の方が親指を使うと思いますが、親指を何度も動かすことにより腱鞘と腱の摩擦が起こり、痛みが出てきます。からだの中に水分が少ないと手首周辺の水分量が不十分になり、腱鞘と腱の摩擦に耐えられなくなったりします。また、血流循環が悪いと、腱鞘や筋肉に栄養を与えることができず質の悪い状態になるとさらに悪化しやすくなります。

また腱鞘炎が進行すると、指が”カクン”とはねる「ばね指」という症状が起こる場合があります。腱鞘が厚くなったり硬くなったりすると、通り道が狭くなって腱の通りが悪くなり、こすれて、腱の一部にも炎症が生じて腫れてしまいます。

腱鞘は指だけでなく手首の親指側にもあり、ここで起こる腱鞘炎を「ドケルバン病といいます。ドケルバン病の症状は、手首の「痛み」や「腫れ」です。特に親指を広げたり、反らしたり、動かしたりすると、強い痛みがでるのが特徴です。

 

ドケルバン病についての詳細はこちらからご確認ください。  →   メイプル接骨院 ドケルバン病

 

 

福島市南福島 メイプル接骨院 ドケルバン病の改善方法

メイプル接骨院では、手首付近の血流障害を改善するために、温熱療法 × 骨格矯正(超短波温熱療法)を行います。しかし、腱鞘炎が発症して痛みをカバーしようとして上半身などの身体の歪みも出てきます。そのため温熱療法で深部加温し、手首付近だけではなく全身の血流を促進して組織の活性化を促します。さらにマッサージで筋緊張をほぐし、運動療法でインナーマッスルのストレッチや骨盤矯正を行います。手首や親指付近が痛い場合は、高周波治療器「サーノス」を使った電気による痛み止めの治療も行います。また、日常生活で痛みが出る場合は、筋肉の動きを補強するようなテーピングを使用し手少しでも痛みを軽減できるような施術も行っております。腱鞘炎には軽度から重度までの症状があります。自宅で出来るかなたんな検査法などもありますので、気になる方はぜひ一度当院へお越しください。

福島市 南福島のメイプル接骨院 ご案内

メイプル接骨院 ご案内

メイプル接骨院

受付時間

住所:
〒960-8163 福島市方木田字辻15-4
アクセス:
福島駅より徒歩20分

お困りの方は今すぐ、お電話ください。024-529-5158